節分の歴史|節分を楽しく過ごす方法|通販サイトで道具を揃える

節分を楽しく過ごす方法|通販サイトで道具を揃える

子供

節分の歴史

大豆

節分は、中国に古来から伝わる祭事です。中国でも鬼を追い払い、厄を払うということに変わりはありませんが、日本のものとはほんのすこし違うところが多々あります。日本では室町時代の頃には広がり、庶民の間で行われる行事の一つとして伝わっており、伝来したのはさらにその昔の900年代の頃だろう考えられています。なお、節分というのは日本の呼び名であり、中国では「疫神送り」、「追儺(ついな)」という名前です。
中国では、この行事は陰陽師が取り仕切って行われていました。その時、官職の人が鬼に扮装して大仰な動きで動き、厄災を振りまいているように見せます。そこで、仮面をかぶった人が矛や盾を使い、鬼を懲らしめて撃退します。その際、豆打ちといい、豆を投げつけ鬼を追い払い、追儺は終了します。この豆まきが、現在の日本の節分の源流になったといわれています。
そんな節分ですが、今では中国とはだいぶ異なるお祭りとなっています。中には節分用のお菓子なども販売されていたり、恵方巻きという習わしも加わり、日本独自のものに発展してます。そのため、節分用にプレゼントなどもあるので日本では厄払いと同時に行事を楽しむ日としても節分を活用しています。よって、スーパーやデパートなどでは節分用のギフトやお菓子などもたくさんあり、この日しかできないイベントも多いです。なお、中国では現在の追儺は爆竹をならして厄払いをしています。中国では爆竹は祝福や厄払いの効果があるとされているからです。

Copyright© 2016 節分を楽しく過ごす方法|通販サイトで道具を揃える All Rights Reserved.